愛犬のフィラリア症予防はしていますか?

dogs471

春になると、そろそろ始めようかなと動物病院に出向く人も多いと思います。

あなたは毎年きちんと愛犬のフィラリア予防をしていますか?
そもそもフィラリアって何?本当に予防が必要なの?と思っている人も多いのではないでしょうか。

犬のフィラリア症とは?

フィラリア症とは犬糸状虫が犬の心臓や肺の血管に寄生することで起こる病気です。

この寄生虫はそうめんの様な形態をしていて、成虫の長さは17~28センチほどで犬の血液中の栄養分を吸って生きています。

感染経路は蚊

近年、蚊を媒介しておこる病気が注目されていますよね。人に対してはジカ熱、デング熱、マラリアなどが猛威をふるっています。

蚊は生命力の強い生き物で、4月中旬から11月中旬頃まで活発に活動します。

犬フィラリア症は犬フィラリアに感染した犬からフィラリアの幼虫を運んできます。その蚊に刺されることで感染、幼虫は成長しながら血管のなかを流れ、最終的には心臓の右心室や肺動脈をすみかとして成虫になります。

犬フィラリア症の症状

犬フィラリア症のほとんどは感染してもしばらくはなんの症状もあらわれない、慢性の経過をたどることが多いですが、まれに重篤な状態になる急性の場合もあります。数年経ってから症状があらわれ、そのときにはすでに重症という場合も少なくありませんので、このような症状が起こったら注意してください。

急性期の症状

・真っ赤な尿
・虚脱
・呼吸困難
・突然死

慢性期の症状

・咳
・息切れ
・動きたがらない
・お腹が膨らむ(腹水)
・痩せる

かかってしまった場合の治療とは?

治療としては手術による成虫の摘出、薬剤での寄生虫の駆除、症状に対する対症療法などがあります。
症状の度合いや犬の年齢、体力などを考慮し治療法を決定します。

予防方法とは?

犬フィラリア症は定期的なお薬を投与することで防げる病気です。

動物病院でフィラリア症にかかっていないかの血液検査をしてもらい、陰性であれば投薬をはじめます。

予防薬としてよく使用されるのは内服薬です。形状もいろいろあり、愛犬にあったものを選ぶことができます。

病院で指示された投薬を始める時期、終える時期をきちんと守り、飲み忘れることのないように管理します。

犬フィラリア症の予防については必要としないという意見もあります。数ヶ月分のお薬は決して安くはありません。しかし、フィラリア症にかかりしんどい思いをするのは愛犬です。フィラリア症で大切な愛犬を亡くし、予防をしていなかったことを悔やむ飼い主もいます。

愛犬の健康管理はあなた次第。大切な家族を守るために、あなたができることをしっかり考えてみてはいかがでしょうか。


執筆:amou


犬との暮らしから、ドッグトレーニングを学び、犬の魅力にもどっぷりとハマっています。初級レベルのトレーナーライセンスを取得。トイプードル、ラブラドールと暮らしています。

モバイルバージョンを終了